Come on-a my Town OTARU! 小樽より笑顔と元気をお届けします。私たちはみなさんを待っています。

小樽観光案内所スタッフブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.12 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歴史的建造物めぐり その2

 6月1日(金)小樽市で募集した
「歴史的建造めぐり」に参加しました。

今回は
「茨木家中出張番屋」を紹介します。
・住所   :小樽市祝津3丁目165番
・建築年:明治後期
・建築時の用途:番屋

茨木家は祝津の三大網本の一つです。
茨木家中出張番屋
初代茨木與八郎によって建てられました。
與八郎は
天保12(1841)年山形県飽海(あくみ)郡遊佐(ゆざ)で生まれ
万延元(1860)年に来道
明治3(1870)年祝津で漁師として独立しました。

茨木家中出張番屋は平成22年に修復され
昨年から一般公開されるようになりました。
明日から始まる
「祝津おさかな市」の会場にもなっています。

外観
屋根は四つの方向に傾斜する寄棟のつくり
その頂部に煙出しをのせています。



内部
玄関から土間が広がります。


かまどもあります。残念ですが、使えないそうです。


正面土間を境にして左手
漁夫が寝泊りした板の間で「ネダイ」が壁際に巡らされています。


「ネダイ」に上がる階段は
三角の板を取り付るだけの無駄のない作りです。
 

屋根裏の小屋組みは
西洋風の三角形の木組み(トラスト)になっています。


柱には落書きも残っています。


土間を境に右手が座敷です。


番屋は古材を転用しながら建てられたことも分かりました。
座敷の部材には、最初に建てられた時の墨書が埋め込まれていました。
「明治九年」に「拵(こしら」えたこと
「羽後国飽海郡千代田村」の住所が記されていました。
この記録から、最初の建物は明治9年に完成し
茨木與八郎の出身地である山形千代田村(現在の遊佐町)
の人物がかかわっていることが分かりました。







皆さんも、建物の隅々まで観察してみてください。

あなただけの新たな発見があるかも知れませんよ。

茨木家中出張番屋

住所   :小樽市祝津3丁目165
電話番号:0134−26−6160
開館日  :平成24年4月27日(金)〜10月8日(月・祝日)
       毎週金・土・日と祝日
営業時間:10:00〜15:00
料金   :お一人様200円(中学生以下は無料)


月間イベント情報  7月のイベント・おすすめ情報


                  スタッフM 



歴史的建造物めぐり その1

  6月1日(金)に 小樽市建設部まちづくり推進課
 で募集していた
 「歴史的建造物めぐり」に参加させていただきました。
 北海道職業能力開発大学校建築家 駒木定正氏に
 説明を聞かせていただきました。
 普段は見学不可能な「北海製罐」の見学も魅力的で、
 楽しい見学会でした。
 建物の説明は、又、ブログで発信しますね。
 
 今日は 見学会の行程と
 歴史的建造物について説明させていただきます。
 

 

 
 
 13:00スタート
   市役所正面玄関出発
   41名が参加出来ました。   

 1棟目 茨木家中出張番屋
 

 

 2棟目 旧渋澤倉庫(ゴールドストーン)
 

 3棟目 北海製罐(株)小樽工場 
 
 
  
 
 
 最後の見学は 旧遠藤又兵衛邸
 
 

 小樽市指定歴史的建造物(昭和58年設定)
 小樽には数多くの歴史的建造物が現存し、
 建物用途では、漁家、倉庫、店舗、料亭、
 寺院、教会、銀行など多種多様となっています。
 これらの建物には、当時先端の技術や洗練されたデザインが
 施され、優れた文化遺産として高く評価されています。
 
 小樽市では、保全すべきものを
 「小樽市登録歴史的建造物」として登録し、 
 このうち特に重要と認めたものを
 「小樽市歴史的建造物」としています。
 昭和58年に設定しました。

 
 小樽市都市景観賞(昭和63年設定) 
 
小樽の歴史と自然に調和した都市景観を作り出している
 建築物やイベントなどを表彰することにより、都市景観の
 向上とまちづくりへの関心を高めていただくため
 昭和63年に設けました。
 優れた都市景観を創り出している建築物やイベントなどに
 「小樽市都市景観賞」 (現62件)を、それに順ずるもので
 都市景観形成に積極的な姿勢・努力が認められたものに
 「小樽都市景観賞奨励賞」 (現12件)として表彰しています。
 
 小樽市役所HPに
 歴史的建造物 の紹介しています。


 月間イベント情報  6月のイベント・おすすめ情報

                        スタッフM

小樽定期観光バス「小樽の明治・大正・昭和を訪ねて」

     小樽定期観光バス
     ボンネットで「タイムスリップ
     おたるの明治・大正・昭和を訪ねて

             
        

 歴史とロマンあふれる小樽の街をレトロなバスに乗って

 観光してみませんか 

 定期観光バスに乗らないと、聞けない話など、たくさんありますよ


 料   金  大人 3300円 小人 1900円

         
にしん御殿小樽貴賓館(青山別邸)・旧日本郵船の入館料含みます


 運行期間  4月28日(土)〜10月28日(日)毎日運行

         
予約制 1日23名様 限定
  
        
 前日18:00まで予約が無いときは運休になります

 時  間   小樽駅発着 小樽駅前 9:40発 13:00帰着      

 問合せ  
 中央バス小樽ターミナル

           0134−25−3333 
         
(営業時間 7:30〜18:00)

        
  予約は受け付けております

  月間イベント情報  4月のイベント・おすすめ情報

     

                             スタッフ T 
 

金融資料館

3月26日(月)から、
日本銀行旧小樽支店金融資料館
お休みに入ります
その前に金融資料館の紹介をします。

3月12日(月)のお昼休みに
金融資料館の屋根の雪下ろしを目撃
高い屋根からからの雪は
「ドスッ」っとものすごい音で迫力がありました。





日本銀行旧小樽支店金融資料館
平成24年3月26日(月)〜11月30日(金)迄
外壁等の改修工事をおこないます。
その間、安全性を確保する必要上、
次の通り、一定期間は、全面閉館。
部分開館の場合も
外観、本館内部の見学ができません

お金に関しての資料の展示コーナーのみの見学となります。


全面閉館期間:平成24年 3月26日(月)〜 4月27日(金)                           平成24年11月 1日(木)〜11月30日(金)

部分開館期間:平成24年 4月28日(土)〜10月31日(水)

今年、金融資料館をご覧いただけないお客様に
    ご紹介しますね。

《 ガイドツアー 》
金融資料館では
毎日午後2時から、30分スタッフの方による
ガイドツアーが行われています。
私も、途中からでしたが、参加させていただきました。

案内の中で、
「このお金は嫌われたお札です。昭和26年戦後のお札で
左側の十字が十字架を連想させ
十字の周りの丸がアメリカの「米」の字を連想させ
全体で見て「米国」に見えたそうです。」
「へえ〜そうなんだ。」と楽しかったです。


お札の印刷の工夫が見られます。


一億円の重さの体験が出来ます。
あなたには、重く感じますか?軽く感じますか?


最後にお土産を頂きました。




《 外観 》
 
外壁は、レンガ表面にモルタルを塗り、
 石造り風に仕上げています。






フクロウが見えますか?、雄と雌がいます。
おっぽの長いのが…多分雄ではないかとのことです。
内部に12体、外壁に18体あります。


《 内部 》










  金融資料館HP
                                 スタッフM

日本銀行旧小樽支店(金融資料館)外壁等改修工事

           (小樽市指定有形文化財)
     日本銀行旧小樽支店(金融資料館)

       本館の外壁等建物一部の経年劣化により
      外壁等の改修工事のお知らせ

   

   周辺地図  

工事期間 (予定)
   平成24326日(月) 1130日(金)までの8か月間

工事期間中施設運営
  ・ 全面閉館 (予定)
     平成24326日(月) 427日(金)
     平成24111日(木) 1130日(金)
  ・ 部分開館 (予定)
     平成24428日(土)1031日(水)

休 館 日
  毎週 月・火曜日2日間
   
(ただし、月曜日が祝日・振替休日の場合は、火・水曜日の2日間)

   ※予定に変更が生じた場合には、改めてお知らせいたします

  詳しくは  「日本銀行旧小樽支店金融資料館」 
    
    本件に関する問い合わせ先       
        日本銀行札幌支店 営業課 中橋、小林
             電話 011-241-5232

                         (スタッフ K

金融資料館 “望楼ツアー2012” のご案内

 

 日本銀行旧小樽支店 金融資料館 では
 普段は見れない、「望楼」をご案内いたします。
 「望楼」は、建物に配された5つのドームの中で、
 唯一、人が登ることができる箇所です。
 上の写真一番左側の一番大きなドーム部分です。
 みなさんも望楼からの景色をお楽しみ下さい
 なお、望楼への上がり下りは、急な螺旋階段です。
 狭い通路もあるので、足元には十分ご注意願います

 参加に関しては歩きやすい  履物でご参加下さい。

       

 

 
                                   
 開催日時   2012年2月11日(土・祝)・12日(日)
            【ツアー開催時間(1日4回)】
              1回目 10:30〜11:00
              2回目 14:00〜14:30
              3回目 15:30〜16:00
              4回目 17:30〜18:00
 入館料     無料
 募集定員   120名(1回当たり 15名)
 応募方法   往復ハガキに必要事項を明記のうえ下記にお申込みしてください。
            ただし、1枚のハガキのお申込みは代表者ほか4名まで
            小学4年生以上の方が対象です。
      
            〒060-0001 札幌市中央区北1条西6丁目1−1
                    日本銀行札幌支店 営業課 「望楼ツアー申込み」 宛

         【ハガキの記載事項】
          参加者代表者の氏名・年齢・住所・連絡先電話番号(平日連絡可能な先)
          他の参加者全員の氏名・年齢
          希望日時(第2希望まで)
             ただし、時間帯の希望が無い場合(どの時間でも差し支えない方)は
             希望日のみご記入下さい。
           返信面への住所・氏名
 応募締切り 2012年1月13日(金)の消印まで

※ 応募結果  受付期間終了後、抽選により参加者を決定し、
           2月初旬までに結果をハガキによりお知らせします。
   
 問合せ先  日本銀行札幌支店営業課(011-241−5236)
           
           なお、日本銀行旧小樽支店金融資料館では、
           本件に関する問合せを受け付けておりません


 金融資料館HP

 昨年の望楼ツアーの様子
 
 金融資料館特別展


 望楼ツアーのあとは、
  小樽雪あかりの路  も見てください。
    期間:2012年2月3日(金)〜12日(日)17:00〜21:00
    場所:小樽運河

 小樽雪あかりの路のイベント内容など決まり次第お知らせします   
 

                スタッフ M      
 

日本銀行旧小樽支店金融資料館特別展

      日本銀行旧小樽支店金融資料館
    特別展
     日本銀行支店建築と建築家 辰野金吾・長野宇平治

    今回の特別展では、辰野金吾と長野宇平治が設計に携わった
  
   日本銀行支店建物について、当時の写真などにより紹介します。

                     
           

 開催期間  2011年12月21日(水)〜2012年3月18日(日)
 
         休館日は月曜日 
         (ただし月曜日が祝日のときはその翌日以降の最初の平日)
 
         年末年始 12月31日〜1月5日
       
          臨時休館 12月20日(火)は特別展の展示入れ換えのため
 

 開館時間  9:30〜17:00 (入館は16:30まで)

  入館料   無料

        (20名以上の団体は電話で予約をお願いします)

 問合せ   
日本銀行旧小樽支店 金融資料館

          0134-21-1111

   月間イベント情報  12月のイベント・おすすめ情報
  
                                                            スタッフ T





 

小樽市内定期観光バス!

        小樽市内定期観光バス 
          小樽の明治・大正・昭和を訪ねて
           ボンネットバスで「タイムスリップ」

      小樽の歴史とロマンあふれる冬の街を

      レトロなボンネットバス  に乗って訪ねてみませんか 
  
       地元のガイドさんが、懐しい衣装でご案内

                         

                                                                 
                                                                                                 
 運行期間  平成23年12月3日(土)〜平成24年2月26日(日)

         12月29日〜1月3日は運休です

    
 料      金  大人 3300円 ・小人 1900円

        [にしん御殿貴賓館(旧青山別邸)・旧日本郵船も入館料を含みます]

        
 予約制 1日23名様 限定
        
           前日の18:00までにどなたも予約がない時は運休となります

        
   (運行時は当日で空席があればご乗車できます)
  
       
  土・日・祝日及び、「雪明りの路」開催期間(H24・2/3~2/12)は
            前日の予約に関わらず運行いたします

  問 合 せ   
 中央バス・小樽ターミナル
  
           営業時間 7:30〜18:00

   
  
           0134-25-3333

        
                 月間イベント情報  12月のイベント・おすすめ情報
       
                                                                            スタッフ T

天狗山ロープウェイ定期運休!

 
   天狗山ロープウェイ 

    11月4日(金)〜11月11日(金)

    整備点検のため、ロープウェイ運休致します。

    11月12日より、冬期営業を開始いたします。

    パンフレットも新しくなりました。

    各観光案内所、中央バスターミナル(小樽駅・運河)に

    置いてありますのでご利用下さい。
         
        

     
問合せ先:天狗山ロープウェイ


                                  スタッフY

にしん御殿 小樽貴賓館

 小樽貴賓館(旧青山別邸)は大正6年から6年あまりの歳月をかけて建てられた別荘です。

 春には 庭に政惠さんの好きだった牡丹の花が咲き誇ります



    


小樽貴賓館(旧青山別邸)の喫茶メニューです
 9月から新メニューも加わりました
 大正ロマンに浸りながらゆっくりくつろぎのひとときを 
 過ごしてみてはいかがですか

                スタッフE
 



Pick-up info.


新 観光案内所
スタッフブログ

2014年6月から
新しいブログにお引越ししました。

★ こ ち ら ★


Come On-A My Town! OTARU

小樽から笑顔と元気をお届けします。
私たちは皆さんを待っています。
"Otarustyle" on facebook


小樽あんかけ焼そばPR委員会
小樽あんかけ焼そばPR委員会

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

社団法人 小樽観光協会

住所 : 北海道小樽市色内2丁目1-20
電話 : 0134-33-2510
問い合わせ : こちら
URL : www.otaru.gr.jp
logo

観光案内所


より大きな地図で 観光案内所 を表示

小樽の天気

小樽のピンポイント天気

Twitter/Facebook





2011.11.11〜12.25
小樽ロングクリスマス2011 Facebook


2012.02.03〜02.12

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:2417 最後に更新した日:2014/05/31

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR