Come on-a my Town OTARU! 小樽より笑顔と元気をお届けします。私たちはみなさんを待っています。

小樽観光案内所スタッフブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.12 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「見よう、歩こう、小樽散歩」に参加してきました!

NPO法人
「小樽ソーシャルネットワーク」主催で街歩きイベント開催

「見よう、歩こう、小樽散歩」が6月23日(土)に行われました。
色内3丁目の北運河沿いにあるゴールドストーンを、参加者約30名で、10時に出発し12時過ぎまで、錦町から手宮洞窟、ホーマックの海沿いの方までの散策でした。
編集製作プロダクション代表の佐藤圭樹さんと、ボランティアガイドを長年されている竹内勝治さんの昔の写真を交えての説明など、初めて聞くことや忘れていた事など、再発見できた1日になりました。

                      

1・旧手宮駅(T元年〜S18年旅客専用駅として利用)
焼肉のGAYAの前の道路が、カーブになっているのは、かって石山の崖が道路の所まで
せり出していたのを避けるため。


2・旧手宮線の踏み切り
「この踏切には敷板がありませんので車輛(馬そりを除く)は通行できません
期間12月25日から3月31日」と書かれている。 



 

3・石山開削の後
石山を削り取った後が残る。ここでの土砂は小樽港の埋め立てに使われた。
手宮・水天宮・銀鱗荘の3ヶ所は長い尾根があり、裾野は海岸近くまで延びていた
この写真の付近を頂点に左右に下がっているのは、石山だった地形をそのまま使っている。
石崎山と言われ、この石壁を利用して、竹屋さんが竹の倉庫を作っていたと、参加者の
お一人が話されていた。



4・十間坂(名前の由来は坂の幅・18m)から能島通り



この一帯の地主だった能島さんの名前から、この通りを能島通り呼んでいる                                

以前は映画館、その名も「手宮館」    昭和13年創業のお餅屋さん   

5・手宮駅(現在の総合博物館本館の手宮入口付近にあった)から手宮洞窟
鉄道開通当時から、手宮線の廃止まであった場所
小樽市のマークがついた、かわいらしい機関車のモニュメント(手宮バスターミナルの横) 



総合博物館にある貯水層          屋根の上の窓は明り取りのためのもの
  
 
手宮洞窟(総合博物館の石神学芸員の説明〜シベリアを流れるアムール川周辺に見られる岩壁画と良く似た古代の彫刻であることが解ってきたとの事)
  

6・レンガの擁壁から高架桟橋
総合博物館の横の道路が、手宮駅構内(現総合博物館)を出た石炭列車が桟橋上に上がるため、この斜面沿いに敷かれた線路を上がっていった。擁壁は急な斜面の途中に造られた路盤を支えるためのもの。
その擁壁の先には、高架桟橋・長さ289m(海上部分)がM44年にでき、石炭を積んだ貨車
が利用していたが、太い木材で造られていたが、石炭を満載した重量列車で、桟橋の耐久性が思ったより早く、30年後のS19年の廃止となる。





             

戦後は高架桟橋の近くに、新しく石炭積み出し施設が造られた。
海上の台座の上に建てたベルトコンベアーで石炭を運び上げ、船に石炭を積み込む
S24年からS55年まで利用、現在は2基の台座部分のみ残っている。


            現在はかもめ達の休憩所になっている
               



                               
とっても勉強になった小樽散歩でした。
次回は6月30日(土)に「潮見台かいわい」コース
北の誉酒造の創業者の野口家の邸宅「和光荘」や、宗円寺の五百羅漢像などを
見て歩きます。参加費300円必要となります。

小樽ソーシャルネットワーク   0134-29-1003

     月間イベント情報  6月のイベント・おすすめ情報 

                            スタッフY


スポンサーサイト

  • 2017.05.12 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


Pick-up info.


新 観光案内所
スタッフブログ

2014年6月から
新しいブログにお引越ししました。

★ こ ち ら ★


Come On-A My Town! OTARU

小樽から笑顔と元気をお届けします。
私たちは皆さんを待っています。
"Otarustyle" on facebook


小樽あんかけ焼そばPR委員会
小樽あんかけ焼そばPR委員会

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

社団法人 小樽観光協会

住所 : 北海道小樽市色内2丁目1-20
電話 : 0134-33-2510
問い合わせ : こちら
URL : www.otaru.gr.jp
logo

観光案内所


より大きな地図で 観光案内所 を表示

小樽の天気

小樽のピンポイント天気

Twitter/Facebook





2011.11.11〜12.25
小樽ロングクリスマス2011 Facebook


2012.02.03〜02.12

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:2417 最後に更新した日:2014/05/31

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR